railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

M-LITE TOMIX製 EF66 0番台/ED76/EF510対応 電球色LEDライトユニットのご案内

しんゆり湘南ラインの清水です。

埼玉県西川口にある鉄道模型専門店「モデルトレインプラス」が販売するLED等の電飾素材のブランド「M-LITE」。
既にご案内していますKATO製品対応の4種類は大変ご好評いただいており、205系・113・115系用は現在メーカー在庫切れで8月下旬再生産予定となっております。
また、103系・阪急6300系用は現時点では当店など先行販売店だけでの取り扱いとなっております。

その「M-LITE」新製品として、初のTOMIX製品対応ライト基板が発売となります。

DSCN8930.jpg
● M-LITE LBNT03A 電球色LEDライト基板 機関車用 Type1(EF66 0番台・ED76・EF510用)2枚入 当店販売価格 1,620円 8月中旬入荷予定
TOMIX製品の機関車はヘッドライトがLED化されていても、オレンジ色に点灯するものが現在もあります。
そのヘッドライトを電球色LEDに変更するのが今回のLED基板です。

対応車種ですが、本来なら対応するライト基板の品番で案内できれば間違いないのですが、現在TOMIXのライト基板(プリント基板)は修理対応で分売されていないものがほとんどなので、そういった案内ができません。

現在対応が確認できているものはEF66 0番台各種(品番:2163など)、ED76各種(品番:2172など)、EF510各種(品番9108など)です。
いずれもライトがLED化された現行製品となります。
旧製品(カプラーが台車についていて、ライト基板が麦球(豆電球)のもの)には対応しません。
(8/8追記)EF66とED76の旧製品(カプラーが台車に付いているもの)にも取付は可能です。
(8/8追記)検証中ですが、EH500(3次形・GPS付後期型)、EH800も同じライト基板のようです。

(8/17追記)※似たライト基板を使用していますが、EH500(3次形・GPS付後期型)とEH800は非対応です。



DSCN8931.jpg
では実際に取り付けてみます。現行製品のEF66 0番台であれば、色などは関係なく対応します。
(8/8追記)現行製品のEF66 100番台(品番9128、9129)は構造が異なるので対応しません。

DSCN8932.jpg
ボディを外します。前後のグレー色のフタの中にライト基板が入っています。

DSCN8940.jpg
通電させると、オレンジ色に光ります。

DSCN8934.jpg
ピンセットや小さなマイナスドライバーを使ってフタを外すと、ライト基板が下向きに入っています。

DSCN8935.jpg
ライト基板は置かれているだけなので、簡単に外れます。

DSCN8938.jpg
LBNT03Aと比較します。どちらもチップLEDです。

DSCN8939.jpg
LBNT03Aを取付けてみます。基板のあった場所に置くだけです。

DSCN8941.jpg
フタをしめて通電させと、電球色に光ります。

DSCN8945.jpg
DSCN8944.jpg
ボディを被せて光らせてみます。上が交換前、下が交換後です。交換後のほうが自然な光になっているのが判ると思います。

DSCN8946.jpg
ED76、EF510(写真)も試してみましたが、ほぼ同じ構造なので、簡単に交換できます。


また、検証中ですが砲弾型LEDを搭載した旧製品で一部対応可能な製品もあるようです。
手元にあった下記2点で試してみました。

DSCN8948.jpg
まずはEF210の旧製品です。品番だと2140、2146など前面手摺りが別パーツ化されていないものです。

DSCN8949.jpg
ライト基板は砲弾型LEDの(品番:0724)が使われています。サイズと接点は同じようです。

DSCN8950.jpg
DSCN8951.jpg
上が交換前、下が交換後です。明るさもだいぶ変わりました。

DSCN8947.jpg
ちなみに、現行製品(品番:9141~9143)ではライト構造がまったく異なりますので、対応しておりません。


DSCN8952.jpg
次はEF81の旧製品です。こちらも品番だと2131、2160など前面手摺りが別パーツ化されていないものです。
EF81はこれよりも古いもの(カプラーが台車についていて、ライト基板が麦球(豆電球)のもの)がありますが、これは非対応です。
(8/8追記)旧製品(カプラーがスカートにマウントされているもの)も同じ構造のライト基板が使われているものであれば取付けは可能です。

DSCN8953.jpg
こちらも砲弾型LEDの(品番:0724)が使われていますが、ロットによっては麦球(豆電球)ライト基板(品番:0771)が使用されています。未検証ですが0724と0771は相互に交換可能なので、対応すると思われます。

DSCN8954_201708072149438a3.jpg
DSCN8955_201708072149447bb.jpg
上が交換前、下が交換後です。こちらもだいぶ印象が変わりました。
EF210と同様に、現在発売されている現行製品のEF81には対応しませんので、ご注意ください。


(8/8記載内容変更)
現在検証中ですが、旧製品の機関車に使用されている0724「ヘッドライト基板(常点灯CL・LED)」、0771「ヘッドライト基板(常点灯CL)」、0711「ヘッドライト基板」は、それぞれに互換性があることが判りました。

・0711「ヘッドライト基板」…かなり古い製品にも使われいている麦球(豆電球)のライト基板
・0771「ヘッドライト基板(常点灯CL)」…0711に常点灯CL機能が付いた麦球(豆電球)のライト基板
・0724「ヘッドライト基板(常点灯CL・LED)」…0771の麦球(豆電球)を砲弾型LEDに変更したライト基板
※一部に0721「ヘッドライト基板(常点灯CL・LED)」を使用した製品があるようですが、0724で代用可能との記載があるので、これも取付可能と思われます。

このため、これらのライト基板を使用している製品には取付可能と思われます(すべて検証しているわけではないので、取付は可能でも、プリズムの構造などで明るく光らない場合があります)
(8/17追加)
このライト基板を使っている製品のうち、フタを被せてライト基板を固定しているものに対応しています。
旧製品(ライト基板をダイキャストの隙間に差し込むもの)は対応しません。
また、さらに古い製品(ダイキャストがネジ止めで固定されているもの)にも対応しません。

これらのライト基板はED61、ED62、EF62、EF65-1000、EF66、EF66-100、ED75-1000、ED76、ED79、EF30、EF81、DD54、DF50旧製品と、EF71(品番2127は非対応)、EH500です。
※上記は0711、0771、0721、0724を使用している製品で、LBNT03Aに対応している製品ではありません(8/17追記)。
※カプラーが台車に付いているもの(スカートマウントではない製品)は取り付け方法の関係で対応しません。
※EF71(1次形・2次形)とEH500(9161 EH500(3次形・GPS付後期型)以外)を除き、現在発売されている現行製品には対応しません。車両ケースの交換用パーツリストに書かれている「プリント基板」の項目を確認してください(修理対応と書かれているものは、検証済のEF66 0番台・ED76・EF510以外は一部を除き対応しません。9161 EH500(3次形・GPS付後期型)とEH800も対応しません)(8/17追記)。


(8/9追記)上記車種でも、取り付け方法がフタで押さえつけるものではなく、基板を差し込むものは、基板の厚みが異なるため対応しないものがあります(DD54で確認)。


(8/8追記)
TOMIXのDE10などに使用されているライト基板は本製品と似た構造ですが、サイズが若干異なり取付けできません。
こちらは今後製品化を予定しているそうです。




こちらの商品、今週末に当店入荷予定となっておりますので、現在先行予約を受付中です。
平塚店舗、しんゆり店もしくはweb店よりご注文ください。
web店からのご注文の場合、ポスト投函のお届けで送料がお得な「ネコポス(メール便)」をご利用可能です。



本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ