fc2ブログ

railways湘南ライン 各店舗のブログ

湘南平塚「railways湘南ライン」と新百合ヶ丘「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

サウンドボックス コントローラー優先モード 上書きサービスについて

しんゆり湘南ラインの清水です。

DSCN6631_20161210164728e2c.jpg
KATOから発売されている「サウンドボックス」と「サウンドカード」。

「サウンドカード」には、コントローラーのボリュームに合わせて車両が走る「コントローラー同調モード」のものと、サウンドボックスから出る音に合わせて車両が走る「サウンド同調モード」があり、主に蒸気機関車は「コントローラー同調モード」、電車や気動車などは「サウンド同調モード」となっていました。

「サウンド同調モード」は急加速や急停車などでおかしな音にならないように配慮されたモードですが、一方で思い通りに動かなかったり、うまく停車できなかったりなど、操作が難しく少なからず不満の声もありました。

その結果、11月に発売された「阪急9300系 サウンドカード」より、「コントローラー優先モード」切り替え機能が実装され、ボタン操作により「サウンド同調モード」を「コントローラー優先モード」に変更して遊ぶことができるようになりました。

この機能、「阪急9300系 サウンドカード」以降に発売されるカードを一度でもサウンドボックスに挿しこむことでサウンドボックス本体のメモリーが上書きされ、過去に発売されたすべての「サウンド同調モード」のカードでも「コントローラー優先モード」に変更して遊ぶことができるようになります。


「コントローラー優先モードはうれしいけど、このためだけに「阪急9300系 サウンドカード」を買うのもなぁ」と思われたお客様向けに、平塚店舗としんゆり店舗にて「コントローラー優先モード 上書きサービス」を行います。

平塚店舗またはしんゆり店舗へサウンドボックス本体をお持込みいただければ、本体に「コントローラー優先モード」を上書きさせていただきます。

上書きサービスは1回 300円(税込)となります。

※遠方の方は郵送でもお受けいたしますが、往復の送料はお客様負担となります。
ご郵送前にしんゆり店舗までお電話またはメールにてお問い合わせください。


また、店頭ではサウンドボックスのデモ走行を行っております。「どんなものか音を聞いてみたい」「このサウンドカードの音が気になる」といったご要望にもお応えできますので、ご購入をご検討中のお客様は、当店で実際に見て聴いて体験してみてください。ご来店をお待ちしております。


本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト