fc2ブログ

railways湘南ライン 各店舗のブログ

湘南平塚「railways湘南ライン」と新百合ヶ丘「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

KATOナックルカプラー(黒)センタリングバネ付(ビジネスカーナックルカプラー)のご案内

しんゆり湘南ラインの清水です。

カトー製蒸気機関車の前面部分に取り付けてあるダミーカプラー。当然のことながらダミーなので、このままでは連結することはできません。
重連やバック運転などを楽しむ場合、このダミーカプラーを重連用カプラーに交換する必要があります。
ただ、重連用カプラーでは見た目がダミーカプラーより劣ってしまうのが難点でした。
これを解決する方法として、KATO USA製品のビジネスカーなどで使用されている「ビジネスカーナックルカプラー」というカプラーを加工して取り付けると、ダミーカプラーと遜色ない形状で連結できる方法が紹介され、昨年11月生産分では割とすぐに完売してしまいました。
ASSYパーツは製品の生産時に供給されるものなので、KATO USA製品のビジネスカーなどが再生産されないと「ビジネスカーナックルカプラー」が手に入らない状態となっております。
そこで、ホビーセンターカトーがこの「ビジネスカーナックルカプラー」を「KATOナックルカプラー(黒)センタリングバネ付」というのオリジナル定番パーツに格上げの上、2022年9月に発売されることになりました。

20220502.jpg
● ホビーセンターカトー 28-270 KATOナックルカプラー(黒)センタリングバネ付 550円(税込) ご予約価格 468円(税込) 2022年9月発売予定
・#Z05-0746「ビジネスカーナックルカプラー」が定番パーツ化されました。
・加工してダミーカプラーと交換することで、機関車同士の重連運転が可能になります。
・【適合車種】 蒸気機関車全般、展望車(スハ44系特急「はと」マイテ58/SL「やまぐち」号)など
※取付穴が緩い場合は、ゴム系接着剤などで固定します。
※改造して遊ぶパーツです。

記載している通り、そのままで使えるパーツではなく「加工が必要」になります。
加工と聞くと「自信がない」と思われる方もいらっしゃると思いますので、実際に加工してみました。

DSCN3076_20220504163733ab9.jpg
こちらが「ビジネスカーナックルカプラー」。9月に発売される「KATOナックルカプラー(黒)センタリングバネ付」とは商品名とパッケージが異なりますが、中身や入り数、価格などは同一です。

DSCN3078_20220504163734020.jpg
このようなツーピースのパーツを組み合わせて使用します。

DSCN3079_2022050416373866c.jpg
組み合わせるとナックルカプラーの形状になります。
この時、カプラーの合わせ部分に少量のゴム系接着剤を塗っておくと、後の作業が楽になる場合があります。

DSCN3085_20220504180034275.jpg
左側が製品に取り付けられているダミーカプラー。この形状に加工します。

DSCN3086_20220504180036c4c.jpg
写真右側、カプラーの根元に丸い穴が2ヵ所ありますが、ここの中央部分をニッパーで切断します。

DSCN3087_20220504180037ae6.jpg
切断すると根元部分が左右に出っ張っているので、この部分を削って形を整えます。
なお、出っ張り部分だけ削っても若干太いので、左右に出っ張っていない部分も含めて少し削ることが必要です。
この際、カプラーの上下パーツが分離しやすくなる場合がありますが、そのままで大丈夫です(分離して作業しずらくなるため、先にゴム系接着剤を塗っておくと良いです)。

DSCN3094_20220504180040d9b.jpg
左がダミーカプラー、右が加工後のカプラーです。長さはこのぐらいでも大丈夫でした。

DSCN3095.jpg
C11に取り付けてみました(手前はダミーカプラー)。幅が太いままだと差し込めないので削るのですが、削りすぎるとグラついたり抜けてしまう場合があります。ダミーカプラーに戻す必要が無ければ、少量のゴム系接着剤で接着してしまっても良いでしょう。

DSCN3105_2022050419041436b.jpg
C12にはスノープロウがある状態で取り付けてみましたが、支障なく重連運転できました。

DSCN3107_20220504190740195.jpg
C62は手前の2号機がダミーカプラーのまま、奥の3号機はカプラーを交換しています。
並べるとカプラーの大きさの違いが判りますが、それほど気にならない程度ではないでしょうか。

DSCN3104_2022050419041568c.jpg
最後に、旧製品(品番 2002)のC11にも取り付けてみましたが、問題なく取り付け出来ました。
この頃はダミーカプラーがASSY設定されておらずASSY表でダミーカプラーの品番が判らなかったのですが、同じようなダミーカプラーだったので取り付けしてみました。
このことから、重連カプラーがアーノルドカプラーだけ、もしくは重連カプラーの設定が無い旧製品の蒸気機関車各種にも取り付けできそうです。
ただし、試運転したところ、重連運転は問題ありませんでしたが、バック運転はカーブで客車が脱線することが多かったので、問題があるかも知れません。



加工自体はニッパーとカッター、ヤスリ、ゴム系接着剤と基本的なものがあればOK。
最初の1個は試行錯誤があるので手間取るかも知れませんが、1個出来上がってしまえば2個目以降はそれほど手間はかかりませんでした。


カトーの蒸気機関車をお持ちの方は、ぜひチャレンジしてみてください。


※ご予約価格は 2022年5月23日(月)20時 ご注文分までとなります。



本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト