railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

TOMIX 209系/E501系 LEDライト加工承ります

しんゆり湘南ラインの清水です。

当店では「レイリズム社」に依頼してヘッドライトのLED加工を承っておりますが、麦球特有のライトプリズムを使用している車両(主に腰部と頭部のライトや表示類が同時に点灯するものなど)は、そのままLED化してもうまく光らないため、加工を行っておりませんでした。

その中でTOMIXの209系は南武線仕様も発売されているのでご要望が多く、1月末に発売されたE501系(水戸線仕様)もヘッドライト/テールライトはLED化されず麦球ライトユニットのままでした。

そこで、レイリズム社に依頼し、209系/E501系のライト加工を研究していただきました。

DSCN7261.jpg
製品状態の209系です。麦球なのでヘッドライトはいいのですが、方向幕まで電球色になっています。また、常点灯のパワーパック以外だと、低速だとライトが暗くなってしまいます。

DSCN7259.jpg
LED加工後です。ヘッドライトは電球色のままなのであまり変わり映えしませんが、方向幕は白色になり、メリハリが出ています。

DSCN7258.jpg
テールライトでも、方向幕は白色点灯です。

基板のLEDだけではなく、ライトケース内部も加工を行っておりますので加工料金が割高になりますが、それでも構わないお客様はお受けさせていただきます。

● TOMIX製 209系0番台/E501系 ヘッドライト/テールライト加工賃(1両) 2,916円(税込)
209系、E501系以外で同様の構造の車両も加工を承りますが、ライトケース内部の加工ができないものなど、すべての車両に対して加工が行えるわけではありません。また、加工賃がさらに割高になる場合がございますので、事前にご相談ください。


また、従来から行っているライト加工も引き続き承っております。

RIMG7277.jpg
● ヘッドライト/テールライト加工賃(1両) 1,296円(税込)
麦球からLEDへ交換します。作例は白色ですが、電球色も可能です(ただし、電球色にした場合は方向幕も電球色になります)。
※5月発売予定のキハ85はヘッドライト/テールライトがLED化されますが、ライトケースも新規となるため旧製品はASSYパーツの床下セットで交換してもLED化することはできません。

麦球が球切れでライトが点かなくなってしまった製品でも、基板が損傷していなければLED化可能です。
修理に出しても交換部品がなくてライトが点かなくなった製品もご相談ください。



小田急7000形(LSE)、小田急10000形(Hi-SE)で、ヘッドライトがオレンジ色や緑色に点灯する製品のLED交換も同じ料金(1両 1,296円)で可能です。

DSCN7267.jpg
写真の品番:92744の小田急7000形(LSE)旧塗装は、ヘッドライト、愛称幕ともオレンジ色のLEDです。
※写真の製品には、室内灯が組み込まれています。

DSCN7268_20170304181524b31.jpg
テールライトにすると、愛称幕のオレンジ色がよく判ります。

DSCN7269.jpg
ヘッドライトを電球色、愛称幕を白色LEDに交換しました。

DSCN7270.jpg
テールライトにすると、愛色幕の白色LEDが判りやすくなります。
同じ構造の小田急7000形(LSE)新塗装(品番:92743)や、愛称幕はありませんが小田急10000形Hi-SEの旧製品(品番:92604、92845)と長野電鉄1000系「ゆけむり」旧製品(品番:92318)も同様にヘッドライトの電球色化が可能です。


これより古い小田急7000形(LSE)旧製品(品番92009、92605)は、ヘッドライトが緑色LEDでテールライトは点灯しません。
このヘッドライトも電球色LED化できます。
またオプションでテールライトを増設し、点灯するように加工することもできます。

DSCN0861.jpg
● 小田急7000形(LSE)旧製品 ヘッドライト電球色化+テールライト増設加工賃(1両) 1,620円(税込)
まずヘッドライトです。愛称幕部分が遮光されていないので、愛称幕シールを貼っていないと全体が光ってしまいますが、緑色LEDよりも実感的になっています。

DSCN0862.jpg
そしてテールライトです。今までは点灯しなかったものが点灯するようになります。
こちらも愛称幕部分が遮光されていませんので、全体が赤く光ります。


なお、現行製品の小田急7000形(品番:92894)、小田急10000形(品番:98609)、長野電鉄1000系「ゆけむり」(品番:92522)は、いずれもヘッドライトが白色LEDですが、これらの製品は特殊なLED基板を使用しているため、ヘッドライトの電球色化はできません。



当店でお受けできるのはライトユニットを搭載している車両のLED交換加工です。
ライトユニットのない車両、鉄道コレクションへのライト取付け(イズムワークス製品含む)加工は行っておりません。




ライト加工作業はレイリズム社に依頼しております。
また、レイリズム社のメインであるDCC加工のお取次ぎも行っております。

加工依頼ご希望の方は、商品を店舗までお持込ください。
通常、お預かりから2週間~1ヶ月程度のお時間を頂戴いたします。

遠方の方はお電話044-299-9005(営業時間中のみ受付)またはメール(shinyuri@shonan-line.com・24時間受付)でお問い合わせください。

また、平塚の「railways湘南ライン」店舗でもお預かりいたします(ただし、商品を転送する関係上、しんゆり店舗でお預かりするよりお時間が(1ヶ月以上)かかります)。


本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ