FC2ブログ

railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

M-LITE TOMIX 485系旧製品/キハ181系等 LEDヘッドライト基板のご案内

しんゆり湘南ラインの清水です。

このブログで何度も紹介しておりますが、埼玉県西川口にある鉄道模型専門店「モデルトレインプラス」が販売するLED等の電飾素材のブランド「M-LITE」から、新製品として TOMIX 485系旧製品やキハ181系などに対応するのLEDライト基板が発売されました。

DSCN1933_20180618193207a4c.jpg
● M-LITE LBNT02A 車両用LEDライト基板 Type T2 当店販売価格 1,620円 先行販売中
・TOMIXの0707、0772および0775ライト基板と同サイズのライト基板です。
・対応車種:183系旧製品、185系、381系旧製品(パノラマ車含む)、485系旧製品(ボンネット車含む)、489系旧製品(ボンネット車含む)、103系旧製品、キハ181系、キハ183系0番台旧製品(スラントノーズのみ)、キハ84・83「フラノエクスプレス」、近鉄30000系ビスタカー旧製品など
※上記対応記載車種でも、導光板(プリズム)の位置によっては、きれいに光らない場合がございます。
※遮光板の位置によっては、基板の取り付け位置を若干前後に調整する必要がございます。

DSCN1932.jpg
TOMIXの0707、0772および0775ライト基板を使用する車種のほとんどは、車体上部にライト等があります。
麦球は球全体が光るので前にも上にも光が届きますが、LEDは麦球と同じような砲弾形をしているものでも前方向にしか光らず、上方向は暗くなってしまいます。
このため、LBNT02Aは前方向と上方向に計4箇所LEDを搭載することで、前方向だけでなく車体上部にあるヘッドライトも点灯可能としています。

DSCN1927_20180618193200a3d.jpg
左が交換前、右が交換後です。パワーパックのボリューム小でも、LEDのほうは明るく光っています。

DSCN1928_201806181932012c7.jpg
パワーパックのボリューム中では麦球も光っていますが、LEDのほうが明るいです。

DSCN1929_20180618193203603.jpg
パワーパックのボリューム大ではどちらも明るく光っており、差はほとんど感じません。

DSCN1930_20180618193205a28.jpg
テールライトでは麦球のほうがパワーパックのボリューム大では明るく光っていますが、LEDのほうも違和感はありません。


DSCN0885.jpg
● M-LITE LBNT01A 車両用LEDライト基板 Type T1 当店販売価格 1,620円 先行販売中
なお、同じく0775のライト基板を使用する209系0番台とE501系については、上部が方向幕となっておりますので、ここが白色に光る専用基板LBNT01Aをご利用ください(写真右側)。
詳細はこちら


DSCN1935_201806182019388bd.jpg
● TOMIX 0719 ヘッドライト・テールライト基板(常点灯CL・電球色LED) 当店販売価格 1,296円 在庫あり
また、多くのTOMIX製旧製品の電車に利用されている0778ライト基板については、TOMIXから発売されている0719ライト基板(電球色LED)に交換することで、LED化できます。


(お知らせ)
M-LITE GM製名鉄用標識灯LEDライト基板については、当店での取り扱いはございません。ご了承ください。



※記載価格は消費税を加算した金額です。


ご注文はweb店および、しんゆり店舗、平塚店舗で受付しております。
商品名をクリックすると商品ページへジャンプいたしますので、そちらよりご注文ください。


※web店やお電話、メールでご注文いただき、店舗で受取る場合は、当店ポイントカードをお持ちの方に限らせていただいております。ご予約時にポイントカード番号をお知らせください。

ポイントカードをお持ちでないお客様は、初回のご予約に限り店頭でご予約いただき、ポイントカード(発行手数料:200円)をお作りいただきます様、お願い申し上げます。



本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ