FC2ブログ

railways湘南ライン 各店舗のブログ

湘南平塚「railways湘南ライン」と新百合ヶ丘「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

M-LITE KATO EF64、EF66 機関車用 砲弾形電球色LEDライト基板 予約受付中

しんゆり湘南ラインの清水です。

埼玉県西川口にある鉄道模型専門店「モデルトレインプラス」が販売するLED等の電飾素材のブランド「M-LITE」。
KATO製で一昔前のオレンジ色砲弾形LEDライトユニットが搭載されていた電気機関車に対応する電球色LEDライト基板が発売されていますが、一部車種には対応しておりませんでした。

DSCN5571_201906121950585fa.jpg
※写真は検証用の試作品で、量産品とは基板の色が異なります。
同じ基板を使うライトユニットは(調べた限り)脚の長さで5種類ありますが、いままでは上から3種類が発売されていました。

今回、上から4番目の長さのもの、EF64やEF66に対応するライト基板が発売されます。

DSCN6460.jpg
● M-LITE LBNK11A 電球色LEDライト基板 KATO製機関車用 Type 4 当店販売価格 1,296円(10月1日以降 1,320円) 9月27日頃入荷予定
・基板の端からLED先端までの長さが20mmで、KATO ASSY 3041G「EF64-0 ライトユニット」と互換性があります。
品番が3041、3042、3047各種のEF64-0、EF66などに使用できます。

DSCN4455_20190919171843573.jpg
オリジナル製品はオレンジ色発色のヘッドライトです。

DSCN4453_201909191718429fd.jpg
ライト基板を交換することで、現行製品に匹敵する電球色となり、光量もアップします。

DSCN4456_20190919171845cc3.jpg
EF66現行品も初期に生産されたものはオレンジ色のヘッドライトです。
※フライホイールの入っていない旧製品には対応しません。

DSCN4462.jpg
こちらもチップLEDを使用する現行製品と同等にアップデートできます。

※対応については機関車各種の説明書裏面に記載されているASSYパーツ表でご確認ください。


このLEDライト基板は、しんゆり店には9月27日(金)頃入荷予定です。
各店舗でご予約を承っております。web店では9月25日までにご注文いただいた分については、9月中に発送いたします。



残る1種類(EF200、DF200の各旧製品に対応)についても今後発売予定となっております。



従来から発売されている3種類については、引き続き発売中です。
よろしければ消費税が上がる前にお買い求めください。


DSCN5576.jpg
DSCN5677_20190624192248c6d.jpg
● M-LITE LBNK08A 電球色LEDライト基板 KATO製機関車用 Type 1 当店販売価格 1,296円(10月1日以降 1,320円) 発売中
・基板の端からLED先端までの長さが5mmで、KATO ASSY 3010-1G「EF81 ライトユニット」と互換性があります。
品番が3010、3021、3022各種のEF81などに使用できます。


DSCN5577_2019061419511687f.jpg
DSCN5685.jpg
● M-LITE LBNK09A 電球色LEDライト基板 KATO製機関車用 Type 2 当店販売価格 1,296円(10月1日以降 1,320円) 発売中
・基板の端からLED先端までの長さが10mmで、KATO ASSY 3028G「ED75 ライトユニット」と互換性があります。
品番が3028、3029、3030、3031各種のED75、ED79などに使用できます。


DSCN5578_201906141951183fe.jpg
DSCN5689.jpg
DSCN5694_20190624193749a00.jpg
● M-LITE LBNK10A 電球色LEDライト基板 KATO製機関車用 Type 3 当店販売価格 1,296円(10月1日以降 1,320円) 発売済
・基板の端からLED先端までの長さが17mmで、KATO ASSY 3017-1G「EF65 ライトユニット」と互換性があります。
品番が3017、3019、3020、3025、3026各種のEF58、EF60、EF65などに使用できます。



ライト基板は工具なしで簡単に交換できます。

DSCN5678_20190624194119585.jpg
ライト基板の交換方法は基本的にどの車種でも同様になります。

DSCN5679.jpg
ライト基板を押さえている「シュー押さえ」を外し、ライト基板をスライドさせて外します。

DSCN5680.jpg
ライト基板を交換し、出っ張っている部分に引っ掛けるようにライト基板をスライドさせて取り付けます。

DSCN5681_20190624194123dcc.jpg
最後に「シュー押さえ」を取り付け、ボディをはめて完了です。

DSCN5682_20190624194125226.jpg
取り付け時の注意点は、モーターから出ている集電板は、ライト基板の上に出るようにします。ライト基板の下に入れると基板がショートして破損します。

DSCN5683.jpg
「シュー押さえ」はライト基板の上に出したモーターからの集電板を挟み込むように取り付けます。

DSCN5686.jpg
ED75やEF65などはボディが固くなかなか外れない場合があります。ボディ側のツメは運転席側の窓ガラスにありますので、ここを広げると外れます。

DSCN5687_201906241949495be.jpg
助手席側の窓ガラスにはツメはありません。

DSCN5695_20190624194951583.jpg
なお、対応車種でも製造時期によってはオレンジ色発色のヘッドライトながらチップLEDライト基板を使用したものがあります。
これらはボディ側のライトプリズムの形状が異なるので取り付けできません。
説明書裏面のASSY表などでご確認ください。



本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト