railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

マイクロエース 小田急60000形 MSE ご予約受付中です

しんゆり湘南ラインの清水です。

マイクロエース 4月発売予定の「小田急ロマンスカー60000形 MSE」、おかげさまで多くのご予約をいただきました。
ありがとうございました。

とりあえずご予約締切日となりましたので、今後は追加注文がお受けできる範囲でのご予約受付となります。
メーカー、問屋、弊店すべてで入荷予定数を満了してしまった時点でご予約を打ち切らせていただきますので、ご検討中の方はご留意ください。

「そうはいっても、物も見ないうちに予約するのもなぁ…」というアナタ。

N-Gauge Informationさんのご厚意で、取材された試作品の画像をお借りすることができましたので、ご紹介させていただきます。


※すべて試作品です。
※未塗装の部品を形状確認用に手作業で塗装したものおよび未塗装のままのもので、最終的な製品とは異なります。
※写真は全てN-Gauge Information撮影。許可を得て転載させていただいております。



01-1002_20131209170939cde.jpg
6両基本セット(左)と4両増結セット(右)です。どちらもモーター車が入っているので、4両増結セットだけの単独運転も可能です。

02-1004.jpg
非貫通形先頭車(クハ60551)と 貫通形先頭車(クハ60151)です。
非貫通形先頭車の「メトロはこね」表示が逆さまなのが試作品ならではのご愛嬌(?)

02-1005.jpg
ヘッドライト点灯状態。実車はHIDライトなので、白色LEDライトです。
非貫通先頭車はライトがスカートについているので、ライトがどうなるのか心配する声もありましたが、見る限りは問題なさそうです。

02-1006.jpg
テールライト点灯状態。


03-1012.jpg
1号車 クハ60551(小田原方先頭車)

03-1013.jpg
2号車 デハ60501

03-1014.jpg
3号車 デハ60401

03-1015.jpg
4号車 デハ60301

03-1016.jpg
5号車 デハ60201(M)

03-1017.jpg
6号車 クハ60251(新宿向き中間先頭車)

04-1015.jpg
7号車 クハ60151(小田原向き中間先頭車)

04-1016.jpg
8号車 デハ60101(M)

04-1017.jpg
9号車 デハ60001

04-1018.jpg
10号車 クハ60051(新宿方先頭車)

07-1016.jpg
3号車 デハ60401のパンタグラフ周りと妻面

11-1026.jpg
フェルメールブルーの試し塗りがされたクハ60151。帯の印刷は入っていません

02-1012.jpg
連結可能な専用マイクロカプラーをつけたクハ60251(左)と、ダミーカプラーのクハ60151(右)
スカートも作り分けられています。

16-1006.jpg
中間先頭車の扉開放のパーツ(未塗装)を取り付けた状態(クハ60151)

15-1010.jpg
中間先頭車の扉開放のパーツを取り付けた状態(クハ60251)

17-1001.jpg
中間先頭車の扉開放のパーツを取り付けた状態での連結イメージ



ざっとですが、製品のイメージは掴めましたでしょうか?
もちろん試作品ですのでまだ窓ガラスの透明度がなかったりしますが、ここから改善されて製品版ではより良い仕上がりになることでしょう。


ただいまご予約受付中です。

03-1005.jpg
03-1031.jpg
● マイクロエース A7570 小田急ロマンスカー60000形 MSE 6両基本セット 4月発売予定
小田原方の6両編成です。4両編成を連結して10両編成で走るほか、6両単独で「あさぎり」「メトロホームウェイ」などでも活躍します。
付属のマイクロカプラーに交換することで、4両編成と連結することができます。

04-1002.jpg
04-1027.jpg
● マイクロエース A7571 小田急ロマンスカー60000形 MSE 4両増結セット 4月発売予定
新宿方の4両編成です。6両編成を連結して10両編成で走るほか、江ノ島線内は4両単独の「えのしま」で活躍します。
セットにはモーター車が組み込まれていますので、4両増結セットだけでもお楽しみいただけます。


※商品名をクリックすると、ご予約ページへジャンプいたします。
お支払方法で「店頭受取(平塚)」「店頭受取(しんゆり)」をご選択いただけますと、「railways湘南ライン」「railwaysしんゆり湘南ライン」各店舗でもお受け取りいただけます。


また、今回ご紹介した写真はほんの一部です。
車体側面の写真は海側のものだけですが、N-Gauge Informationのページでは、山側車体側面の画像はもちろんのこと、様々な角度からの写真を高解像度でご覧いただけますので、是非ご参考になさってください。


本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ