railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

KATO 4月新製品・再生産品のご案内

しんゆり湘南ラインの清水です。

例年通りKATOの2014年4月の新製品・再生産品が前倒しで発表となっておりますので、ご案内いたします。

131238.jpg

● KATO 10-1221 E7系北陸新幹線 3両基本セット 11,340円 ご予約価格 9,072円 4月発売予定
● KATO 10-1222 E7系北陸新幹線 3両増結セットA 8,208円 ご予約価格 6,566円 4月発売予定
● KATO 10-1223 E7系北陸新幹線 6両増結セットB 14,688円 ご予約価格 11,750円 4月発売予定


・新たな新幹線ルートとなる北陸新幹線。 そこで活躍が期待されているJR東日本のE7系新幹線を早くも製品化。
・JR東日本のE7系新幹線。 今春から先行して長野新幹線「あさま」としての活躍が期待される話題の新幹線車両。
・ワンモーションラインと呼ばれるE2系新幹線の流れを継ぐ先頭形状。 空色と銅色を纏った落ち着きのスタイルを再現。
・E5系につづく「グランクラス」の採用。 下り先頭1号車は室内のシートまできっちりと再現。
・連結部は、N700A・E5系・E6系などで採用のダイヤフラムカプラーを採用。 実感的で確実な連結、安定走行を実現。
・フライホイール搭載の定評ある動力ユニットを搭載。 12両でも安定した力強い走行を再現。
・側面行先表示は印刷済。 先行運転の「あさま・長野行」で設定。
・パッケージは、3両基本セットが吊り下げ式化粧箱(発泡中敷)のベストセレクションシリーズの形態。増結セットはA・B共に6両ブックケース入。 増結セットAに基本セットの3両を収納可能。
・編成:E723-1+E726-101+E725-1+E726-201+E725-101+E726-301+
E725-201(M)+E726-401+E725-401+E726-501+E715-1+E714-1
 斜字は増結セットA下線は増結セットB


● KATO 10-1225 クモハ42(M・T)+クハユニ56 飯田線 3両セット 13,824円 ご予約価格 11,059円 4月発売予定
● KATO 10-1226 クモハ53 000+クハ47 153 飯田線 2両セット 9,072円 ご予約価格 7,258円 4月発売予定


・KATOの本格的旧形国電車両、好評のクモハ53に続く飯田線シリーズ第二弾が新登場。個性豊かな車両が蘇ります。
・クモハ42は、平妻形2扉クロスシート両運転台の、戦前を代表する国鉄の急行(快速)電車で武骨なスタイルが人気。前面サボ受の有無を実車同様に作り分け。
・クモハ53000は、クモハ42の片運転台タイプで出力増強車。クモハ42同様狭窓が多く並ぶ様を的確に再現。
・クハユニ56は、実車の原形式モハユニ61から改番のタイプを製品化。郵便・荷物との合造車で客荷扉が多く並ぶ側面が特徴の、飯田線には欠かせない名脇役。
・クハ47 153は、二扉で広幅窓が並ぶ、流電と呼ばれた車両の改造車。切妻スタイルの前面が個性を放ちます。
・いずれも、スカ色と呼ばれるクリームとブルーの塗装で、お馴染みの飯田線スタイルを塗り分けも鮮やかに再現。
・パンタグラフは、クモハ42・クモハ53共にPS11を搭載。
・連結器は、先頭・中間部ともボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形(旧国タイプ)を標準装備。手軽に増結編成が再現可能。
・動力は定評ある両台車駆動方式のフライホイール付き動力ユニット(トラクションタイヤ無)を搭載し、安定走行を実現。
・もちろんヘッド/テールライト標準装備(消灯スイッチ付)。オプションの室内灯はLEDクリア(電球色)が似合います。
・既存のクモハ53セット2種との併結や車両の組み替えなど、旧形国電ならではの楽しみ方がおすすめです。
・パッケージは、紙箱に発泡トレーの標準仕様。付属品で消灯スイッチ用のドライバーが付きます。
・編成(10-1225):クモハ42009+クモハ42013(M)+クハユニ56011
・編成(10-1226):クハ47153+クモハ53000(M)


● KATO 3013-2 ED76 0番台 後期形 JR九州仕様 8,100円 ご予約価格 6,480円 4月発売予定

・JR九州の大分車両センター所属で、寝台特急「さくら」をはじめとしたブルートレインの牽引で活躍した姿を再現。
・九州オリジナルのED76 0番、後期形と呼ばれるPS103下枠交差パンタグラフ装備の55~94号機がプロトタイプ。
・JR九州仕様の、無線アンテナ付・黒Hゴム、JR九州たる白フチの赤いJRマークが印刷されたボディを的確に再現。
・前面手すりは別パーツで取り付け済。 屋根上の緑碍子、スノープロウ非装備、動輪輪芯は圧延プレートで再現。
・選択式ナンバープレートは65・75・77・91。 メーカーズプレートは、三菱・東芝が付属。
・九州独特のお椀形「さくら(緑地に桜)」「みずほ」のクイックヘッドマークが付属。
・アーノルドカプラー標準装備。 交換用にKATOナックルカプラー付属。
・定評あるフライホイール付き動力ユニットで、安定した走行と、力強い牽引力を発揮。 ブルトレフル編成牽引も余裕!
・同時発売の、14系寝台特急「さくら」JR仕様 長崎/佐世保編成の、門司-長崎/佐世保間の牽引にピッタリです。


● KATO 10-1233 14系寝台特急「さくら」JR仕様 長崎編成 7両セット 15,120円 ご予約価格 12,096円 4月発売予定
● KATO 10-1234 14系寝台特急「さくら」JR仕様 佐世保編成 7両セット 15,120円 ご予約価格 12,096円 4月発売予定


・14系寝台特急「さくら」のJR仕様が登場。平成8年(1996)頃のJR九州編成(長崎運転所所属)を再現。
・カルテット(4人個室)のオハネ14 700番台を含む7両編成を、長崎編成、佐世保編成で、車番と側面行先表示を作り分けて製品化。
・オハネ・スハネフの★★★表記、車体側面のJRマーク、客扉部の白線なしなどの「さくら」を再現。
・オハネ14 700 カルテット は、外観が同一のオハネ14の表記違い。客扉上部の★★★★マークや車番を、新たに印刷済み。
・側面行先表示は、長崎編成が「特急さくら 長崎行」、佐世保編成が「特急さくら 佐世保行」で、号車番号サボも印刷済。
・スハネフ14のトレインマーク変換装置は、「さくら」「みずほ」「出雲」(いずれもイラスト)を設定。
・両セットとも、機関車EF66用のヘッドマーク 「さくら」「みずほ」が付属。
・編成端となるスハネフ14には、アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラーが付属。さらに、編成端を引き・締める交換用ジャンパ栓と、編成連結時により実感的となる前面ホロが付属。
・編成の中間連結部には、ボディーマウント式密自連カプラー装備。実感的な連結面間を実現。
・パッケージは、どちらも7両ブックケース入。
・編成(長崎編成):スハネフ14-1+オロネ14-5+オハネ14-703(カルテット)+オハネ14-24+オシ14-3+オハネ14-11+スハネフ14-6
・編成(佐世保編成):スハネフ14-4+オロネ14-3+オハネ14-706(カルテット)+オハネ14-19+オシ14-7+オハネ14-23+スハネフ14-11


● KATO 10-1208 西武鉄道101系(初期型)6両セット 17,280円 ご予約価格 13,824円 4月発売予定

・西武101系の新シリーズ展開。実車が初期形のみに設定されていた6両編成をラインナップ。
・101系から採用され、平成11年(1999)頃まで見られたイエロー地に窓回りがベージュの鮮やかな旧塗色を再現。
・実車同様に既存の101系・新101系との併結が楽しめる仕様で登場。
・前面飾り帯、客ドア、前面手すりの各ステンレス部や、アルミサッシ窓、黒Hゴムを、質感差をつけて的確に表現。
・ヘッドライト/テールライト標準装備、前面行先表示も点灯。先頭車同士の連結に対応し、消灯スイッチつき。
・先頭部にはダミーカプラー標準装備。先頭車同士の連結用に、交換用の密着連結器(ジャンパー管なし)付属。
・中間部分には台車マウント式のKATOカプラー密連形(ジャンパー管付)標準装備。幅広ホロを装備し実感的な連結面を再現。
・動力ユニットは、既発売の101系・新101系と同じ動力ユニットを採用し、お互いに連結して楽しめるよう配慮。
・クーラーはグレー色で再現。
・パッケージは8両ブックケース入。新101系先頭車2両増結セットを収納可能。
・編成:クハ1211+モハ121+モハ122+モハ101-21(M)+モハ101-22+クハ1122


4月は下記HOゲージ製品が再生産されます。

● KATO 1-201 (HO)C56 34,560円 ご予約価格 27,648円 4月発売予定
● KATO 1-505 (HO)スハ43 ブルー 5,400円 ご予約価格 4,320円 4月発売予定
● KATO 1-507 (HO)スハフ42 ブルー 5,940円 ご予約価格 4,752円 4月発売予定
● KATO 1-511 (HO)オハ35 ブルー 5,400円 ご予約価格 4,320円 4月発売予定
● KATO 1-513 (HO)オハフ33 ブルー 5,940円 ご予約価格 4,752円 4月発売予定


・再生産につき、特に仕様等の変更はありません。
・C56は、標準的なスタイル。付属の車番は、109・110・131・149。
・スハ43系は、旧スタイルのブルー塗装が再生産。改装形ではない、蒸気機関車の活躍した時代に合わせたスタイル。
・オハ35系は、「丸屋根」とリベットが露出した古めかしい車体スタイルながら、全国で活躍した姿を再現。



※記載価格は消費税(8%)を加算した金額です。

当店でご予約をお受けいたしております。
確実に入手されたい方は、1月24日(金)までにご予約ください。
それ以降についてもご予約はお受けいたしますが、ご予約条件の変更、またメーカー生産数の上限に達している場合はご予約をお受けできない場合がございますので、ご了承ください。

ご予約はweb店および、しんゆり店舗、平塚店舗で受付しております。
商品名をクリックすると商品ページへジャンプいたしますので、そちらよりご注文ください。

web店からのご予約で支払の項目を「しんゆり店舗受取り」とご指定いただければ、店舗で受け取りができます。
もちろん送料もかからない上にポイントカードのポイントも通常通り貯まります。

「web予約はちょっと…」という方は、お電話044-299-9005(営業時間中のみ受付)またはメール(shinyuri@tsuichi.co.jp・24時間受付)でもお受けいたします。


予約表にも掲載しておりますので、ご確認ください。


本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ