railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

ライトのLED化やDCC搭載加工など承ります

しんゆり湘南ラインの清水です。

当店ではライトのLED化や、DCC、サウンドDCC搭載加工などのお取次ぎを承っております。


【ライト加工サービス】
豆電球仕様のヘッドライト/テールライトのLED化、緑色やオレンジ色ヘッドライトの白色/電球色化、豆電球標準装備の室内灯のLED化などを行っております。

RIMG7277.jpg
電球→白色LED化の加工例です。
電球は消費電力が多いので、実際に走行させた状態だと高速で走らせないと明るく光りません。
LED化すれば低速から明るく光らせることができます。
この加工例ではヘッドライトは白色ですが、電球色にすることもできます。

RIMG7279.jpg
オレンジ色LED→電球色LED化の加工例です。
この画像ではよく見えませんが、愛称幕部分は白色LEDで点灯しています。
GM製品などに見られる暗いLEDも明るくきれいに点灯させることができます。

RIMG7280.jpg
緑色LED→電球色LED化の加工例です。
LEDライト基盤を搭載した初期の製品に見られました。
色だけでなく明るさも大きく変わります。

RIMG7197.jpg
電球を標準装備した室内灯を白色LEDに加工した例です。
明るさだけでなく、印象も大きく変わります。
もちろん電球色とすることもできます。


既にご加工依頼をいただいており、ご好評を得ております。
また「KATO製小田急Hi-SEは加工可能ですか?」など、お問い合わせもお受けしております。


標準加工賃ですが、

○ ヘッドライト加工(1両) 1,260円(税込)
○ 室内灯LED化加工(1両) 1,575円(税込)


・室内灯LED化加工は、KATO製品で室内灯標準装備となっている車両(651系「スーパーひたち」、251系「スーパービュー踊り子」など)や、専用室内灯が電球しか対応していないもの(285系「サンライズ」やE26系「カシオペア」など)の加工賃です。
通常室内灯の取り付けサービスは店頭で行っておりますので、こちらもご相談ください(通常取付賃は1両 315円ですが、車両と室内灯を当店で同時購入されると、取付賃無料です)。
HOゲージの加工も承り舞ます。

※一部、特殊加工が必要な製品(KATO製小田急Hi-SEなど)は、別途加工賃や諸条件がございます。



【DCC加工サービス】

また、DCC加工サービスも承っております。

RIMG6814.jpg
KATOカスタムショップでは受け付けていない製品や、KATO以外の製品(TOMIX、マイクロエース、天賞堂、造形村)なども可能です。

RIMG6815.jpg
カツミやエンドウといった16番製品も可能です。写真はエンドウ製DD54にDCCサウンドを搭載し、ヘッドライトのLED化、テールライトを新設した例です。

131103.jpg
よくNゲージで「テールライトは点灯しないのか?」というご質問も、TOMIX製の電気機関車をDCC化することで点灯させることができます(一部製品のみ)。

このような加工もできますので、ぜひご相談ください。



これら加工は「レイリズム」または「KATOカスタムショップ」での作業となりますので、製品お預かりからお渡しまで2週間~1か月半程度のお時間がかかります。


お見積りは無料です。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ