railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

KATOセールスミーティング(2014年2月)

しんゆり湘南ラインの清水です。

今月もKATOのセールスミーティングへ出席してまいりましたので、展示されていた試作品を中心にご紹介いたします。


RIMG8040.jpg
● KATO 10-1216 313系1100番台(中央本線)4両セット 2月25日メーカー出荷予定
● KATO 10-1217 313系1600番台(中央本線)3両セット 2月25日メーカー出荷予定
● KATO 10-1218 313系1300番台(中央本線・関西本線)2両セット 2月25日メーカー出荷予定


RIMG7980.jpg
様々なバリエーションのある313系。今回は1100番台、1600番台、1300番台がラインナップに加わります。


RIMG8003.jpg
● KATO 2016-4 D51 北海道形 ギースルエジェクター 3月上旬発売予定

RIMG8004.jpg
RIMG8006.jpg
RIMG8005.jpg
発売が遅れていましたギースルエジャクター。3月上旬の発売予定です。
既にメーカー完売となっています。


RIMG7997.jpg
● KATO 3077-1 EF10 3次形 3月上旬発売予定

RIMG7998.jpg
RIMG8000.jpg
RIMG8001.jpg
RIMG8002.jpg
飯田線シリーズ第2弾、EF10 3次形です。


RIMG8012.jpg
● KATO 3066-5 EF81 400 JR九州仕様 3月上旬発売予定
スカートは別製品のものが仮に付いています。

RIMG8013.jpg
九州所属機の赤いJRマークは印刷済です。


RIMG7989.jpg
● KATO 10-1127 DD16 304 ラッセル式除雪車セット 3月下旬発売予定
KATO初のラッセル車DD16-300。こちらも発売が3月下旬に延期されていますが、メーカー完売となっています。

RIMG7994.jpg
ラッセルヘッドが屋根までオレンジに塗られているのが304号機の特徴です。

RIMG7990.jpg
RIMG7993.jpg
ウイングは模型の構造上、90度まで開きます。

RIMG7992.jpg
RIMG7991.jpg
RIMG7995.jpg
RIMG8036.jpg
RIMG8037.jpg
ヘッドライトは運転席上部の作業灯を含め、4灯すべてが点灯します。

RIMG7996.jpg
ラッセルヘッドの前頭部はダミーカプラーになります。
かみ合わせると連結できましたが、当然カーブは曲がれません。

RIMG7982.jpg
DD16-300の機関車部分です。

RIMG7983.jpg
JR仕様なので無線アンテナが搭載されています。
機関車単品で販売されるDD16は国鉄仕様の0番台となります。

RIMG7985.jpg
RIMG7984.jpg
RIMG7987.jpg


RIMG8007.jpg
● KATO 10-1228 鹿島臨海鉄道6000形 2両セット 3月下旬発売予定

RIMG8008.jpg
RIMG8009.jpg
29年ぶりの再登場、鹿島臨海鉄道6000系。今月は赤の塗装だけが施された状態でした。


RIMG8019.jpg
● KATO 2023 C57 4次形 4月発売予定

RIMG8018.jpg
1/150スケールでフルリニューアルのC57。本体部分のみお披露目となりました。

RIMG8021.jpg
特徴的なキャブからはみ出したナンバープレートも再現。

RIMG8022.jpg
RIMG8020.jpg
RIMG8024.jpg
先台車は完全に抜けているスポーク車輪を装備。
RIMG8026.jpg
もちろん従台車もスポーク車輪装備となります。


RIMG8025.jpg
● KATO ASSY 28-194 スポーク先輪 8個入 5月発売予定
そのC57に使用されるスポーク車輪が分売されます。
スポーク先輪はSLや旧型電機の先台車に使用されるもので、車輪の取り付けが下からハメ込むタイプになります。
初回生産品を2月24日20時までご予約受付しておりますが、初回納品数をオーバーした場合は、ご予約順でのお渡しとなります。
なお、スポーク車輪2種類は、できる限り在庫があるような商品の扱いになるそうです。

RIMG8016.jpg
● KATO ASSY 28-193 スポーク車輪 16個入 5月発売予定
こちらはピボット軸を台車枠にハメ込む普通の車輪です。
集電機構のない貨車などにも利用できます。
(車軸が絶縁されていないので、集電機構のある(室内灯を取り付けられる)車両に取り付けると、ショートします。
こちらも初回生産品を2月24日20時までご予約受付しておりますが、初回納品数をオーバーした場合は、ご予約順でのお渡しとなります。

RIMG8014.jpg
セキ3000に取り付けた例です。右の台車は通常の車輪、左の台車はスポーク車輪に交換しています。

RIMG8017.jpg
拡大写真です。抜けているので、向こう側の光が漏れているのが判ります。


RIMG8027.jpg
● KATO 品番未定 電動式ターンテーブル 予価未定 発売予定
横浜の鉄道模型フェスタで一般にも公開された電動式ターンテーブル。
動きもスムーズで音も静か。そして回転させて止める際にはピンが出て確実に線路の位置が合うように設計されています。
また、ギャップが切れるので、本線と繋がった線路の直線上の庫の中の機関車が走りだしてしまうといったこともありません。

RIMG8030.jpg
線路の角度は10°に設定されているので、本物同様に機関車を庫から出して止めておくということも再現可能。

RIMG8035.jpg
放射状に伸びたレールを複線並行間隔に戻す10°の曲線レールの発売予定。

RIMG8034.jpg
右側かターンテーブルのコントローラー。レバーを倒している間だけ左右に回転し、中立に戻すと次の線路の位置で停止します。
上側に写っているのはギャップスイッチの試作品で、これで通電させるレール、通電させないレールを選択できます。

RIMG8031.jpg
ターンテーブルの試作品コントローラーはパワーパックと同じ水色ですが、製品版では黒色になるかも知れないとのこと。
お値段は3万円ぐらいで検討中だそうです。

RIMG8029.jpg
● KATO 品番未定 3線式扇形機関庫 予価未定 発売予定
こちらは扇形機関庫。3Dプリンターで出力したイメージ見本です。

RIMG8028.jpg
RIMG8039.jpg
内部はこのような感じです。



試作品展示は以上です。



それ以外の情報として…

・生産が全体的に遅れているので、現在ポスターで発表してる製品の発売月が1ヶ月ずつ遅れる見込みです。
なので、5月発売予定分のほとんどが6月となるため、来月の新製品発表(6月分)は無いかも知れないそうです。

● KATO 10-1149 181系100番台「あさま」 8両セット 5~6月発売予定
・サロ180は新規製作です。
・バックミラーが付いた状態となります。

● KATO 10-1230 オリエントエクスプレス’88(パリ-香港)8両基本セット 5月発売予定
● KATO 10-1231 オリエントエクスプレス’88(パリ-香港)7両増結セット 5月発売予定

・5月と6月に分納になりますが、生産数はそれほど少なくは無いようです。現在確認中ですが、入荷数に余裕が出るようであれば当店でも予約を再開いたします。
・日本国内を走っていない車両は4両(WSP4149E ブルマン食堂車VC4013 シャワーカーWLA LX16 3475A 寝台車WLA TU 3851A スタッフ専用車)で、こちらはASSY1両組のご予約を受付中。2月24日20時までにご注文いただいた分は完納いたします。

● KATO 10-1123 E655系 なごみ(和) 5両セット 5月再生産予定
・完全な再生産です。仕様変更はありません。
・特別車両は実質特別企画品扱いなので、ASSYの設定はありません。
・御召装備の手すり取り付けで先頭車のボディに穴あけ加工が必要になるので、差し替えように両先頭車1両分のASSYパーツ(クロE654-101、クモロE654-101)をオススメいたします。こちらも2月24日20時までにご注文いただいた分は完納いたします。

● KATO 10-1214 14系500番台 急行「ニセコ・宗谷」 5両基本セット 5~6月発売予定
● KATO 10-1215 14系500番台 急行「ニセコ・宗谷」 5両増結セット 5~6月発売予定

・スユ15のテールライトは片側のみ点灯(反対側はダミー)。
・マニ50はライト点灯しませんが、(5134-1G スハフ42 ライトユニット)と(Z06-1120 ライトユニット集電シュー)を取り付けることで、テールライトを点灯させることが可能です(こちらも片側のみで、反対側はダミーです)。
 
● KATO 10-1143 営団地下鉄千代田線6000系 6両基本セット 6月以降発売予定
● KATO 10-1144 営団地下鉄千代田線6000系 4両増結セット 6月以降発売予定

・完全新規金型の製品なので、現在発表されている商品の中では一番最後の発売になる可能性が高い。
・ポスターの写真は、railwaysしんゆり湘南ラインというところが協力しているみたいですよ。誰もツッこんでくれませんが。



今月のご案内は以上です。


リンクの貼ってある商品はオンラインショップ「湘南ラインweb店」からもご注文・ご予約いただけます。
店頭やお電話044-299-9005(営業時間中のみ受付)またはメール(shinyuri@tsuichi.co.jp・24時間受付)でもご注文いただけますので、よろしくお願いいたします。

全ての商品とも数に限りがございますので、ご注文のタイミングによってはご注文を承れない場合がございます。



「railways湘南ラインのブログ 普通平塚」もあわせてをご覧ください(明日以降更新予定です)。




本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。


















KATO新社屋のハナシは? と思われた方は…






RIMG7976.jpg
約1年間の工期をかけて完成したKATOの新社屋です。赤い電車はそのまま元の位置にあります。

RIMG7975.jpg
入口です。ホビーセンターもこちらから入ります。

RIMG7952.jpg
入口入ってすぐ右側にモニュメントがあります。題は「飛べ!カトー!!」。おエライ方が作られたそうです。

RIMG7972.jpg
入口入って真正面は事務所エリアの入口です。一般の方の立ち入りはご遠慮いただいております。

RIMG7973.jpg
入口入って左側がホビーセンターカトーの入口になります。

RIMG7953.jpg
入るとすぐに巨大レイアウトがあります。町田にあるアトリエminamoさんが製作されておりました。

RIMG7954.jpg
RIMG7959.jpg
Nゲージの巨大レイアウトの外周をHOゲージの複線が周回しているものでした。
2階に上がる階段や、2階からもレイアウトを見下ろすことができます。

RIMG7963.jpg
レイアウトの奥が1階販売フロアになります。旧ホビーセンターの2階と同じです。

RIMG7969.jpg
ショーケースはヒナ段を使わず展示するようになっています。照明はLEDです。

RIMG7970.jpg
こちらが販売カウンターになります。

RIMG7977.jpg
店内のいたるところにKATOのロゴがあります。

RIMG7965.jpg
棚の上に何やらありますね?

RIMG7966.jpg
どうやら影絵のようです。

RIMG7971.jpg
実はからNゲージに裏光を当てて影絵を作り出しているのです。Nゲージだと本物と同じシルエットの影絵ができるというアイデアものです。

RIMG7967.jpg
これが影絵の装置。実際に模型を走らせるとレール掃除などのメンテナンスが必要になるので、レールごとターンテーブルで回転させるのだそうです。

RIMG7957.jpg
2階はNゲージ体験レイアウトのコーナーです。旧ホビーセンターの3階と同じです。

RIMG7962.jpg
2階に上がるとすぐに、試作品の展示コーナーがあります。

RIMG7958.jpg
2階のカウンターです。

RIMG7960.jpg
RIMG7961.jpg
RIMG7956.jpg
2階の奥には、塗装ブースがありました。

RIMG7979.jpg
この新社屋は5階建てで、1-2階がホビーセンターカトー、3-4階が事務所、5階にレセプションホールがあります。

RIMG8033.jpg
通常このセールスミーティングは2階にあるホビーセンターの会議室で行われるのですが、今月はホビーセンターの引っ越しで会議室が使えず、普段入ることが出来ない5階のレセプションホールで行われました。

RIMG8038.jpg
この5階にはウッドデッキもあります。豪華です。

RIMG8032.jpg
レセプションホールから見た新宿の高層ビル群。手前にビルがあって、代々木のドコモタワー以外はよく判りません。

RIMG7950.jpg
遠くには東京スカイツリーも見えました。

RIMG7974.jpg
最後にこの京急デハ230形ですが、こちらも今後お色直しが行われるそうですよ。


ホビーセンターカトーは2月22日(土)10時に新装開店となります。
みなさまもお出かけになられてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ