railwaysしんゆり湘南ラインのブログ

新百合ヶ丘の鉄道模型専門店「railwaysしんゆり湘南ライン」のブログです。

鉄道模型の買取、委託販売品を募集しています

しんゆり湘南ラインの清水です。


先月もご案内いたしましたが、当店では中古・委託商品の販売も行っております。

また同時に、お客様がお持ちの鉄道模型(Nゲージ・HOゲージなど)の中古買取、委託商品を募集しております。

DSCN2123.jpg

先月のご案内以降、複数のお客様から中古品の買取、また委託商品をお預かりいたしました。
ありがとうございました。


中古買取は、商品状態や市場在庫、人気度合などを加味して買取させていただくお値段を提示させていただいております。
そのため、査定にはお時間を頂戴いたしますので、お持込のお客さまはお時間に余裕を持ってご来店ください。ご配送での受付も承ります。

時間がかかっても良いので少しでも手元に帰ってくる金額を大きくしたい、買取査定したけど金額に不満… などの場合は、委託販売をオススメいたします。



買取委託の違いですが、お客様が売りたいと思った鉄道模型製品を当店にお持込になられた場合…


買取…製品をその場ですぐに査定いたしますので、査定金額に納得すれば買取成立。原則その場で買取代金をお支払いたします。

委託…製品を当店でお預かりして、販売を代行いたします。お持込いただいた製品が売れるまで代金がお支払いできませんが、買取より手元に戻る金額が多くなる場合がほとんどです。




具体的な流れでみてみると…


買取の流れとしては…

1)買取希望の商品を店舗までお持ちください(宅配便でお送りいただいてもOK。その場合は事前にご連絡ください)

2)その場で即査定を行います(1点1点商品状態を確認いたしますので、店内混雑時や商品点数が多いとお時間を頂戴することがございますが、原則即日査定でお応えしております)

3)査定額をお知らせいたします。

4)査定額にご納得いただければ、その場で即現金にて買取額をお支払いいたします(宅配便の場合はお振込みいたします)



査定額にご納得いただけなければ、取りやめていただいても大丈夫。もちろん査定額は無料です。
また、その場で委託販売に切り替えることもできます。お客様のことを考えて臨機応変にご対応いたします。

鉄道コレクションやBトレインショーティーなども買取できます(書籍、雑誌は買取しておりません)。




委託の流れとしては…

1)委託希望の商品を店舗までお持ちください(宅配便でお送りいただいてもOK。その場合は事前にご連絡ください)

2)お預かりする際に商品状態を確認しながら、販売価格をお客様に決めていただきます。

3)商品をお預かりし、店頭またはオークションにて販売させていただきます。

4)商品が売れましたら、手数料を差し引いて販売額をお支払いいたします(宅配便の場合はお振込みいたします)

販売手数料は店頭販売の場合が税別価格の20%、オークションの場合が落札額(税込)の33%(当店手数料20%+ヤフオク手数料5%+消費税8%)となります。
※オークション販売では鉄道模型以外の委託商品もお預かり可能ですが、手数料が異なります。


※買取や委託受付の場合は「身分証明書」(運転免許証、保険証など)が必要ですので、お忘れなくお持ちください。

※未成年者からの買取や委託受付は行っておりません。
未成年の方は保護者様とご一緒にご来店いただくか、もしくは保護者様名義でお送り下さい。


ホームページ
でも中古買取委託販売についてご案内しておりますので、ご参照ください。


ご不明な点などございましたら、店頭かお電話044-299-9005(営業時間中のみ受付)またはメール(shinyuri@shonan-line.com・24時間受付)で、お気軽にお問い合わせください。
お客様のご要望に沿う形でご案内させていただきます。


先日、買い取らせていただいた商品から…
DSCN2166.jpg
今は無きウィン製ボディキットを使った103系1000番台タイプと103系1200番台。
現在ほどマイクロエースの商品も多くなかった時代、まだ派生番台などは完成品として製品化されていないものが多く、卸問屋のウィンから発売されていたプラスチック製ボディキットを使って、TOMIXの足回りと組み合わせるという商品がありました。
ただし、ボディキットといっても完成品並みに値段が高く、さらにTOMIXの足回りといっても完成品車両を買ってきてボディを捨てるのが一般的だったので、実質当時の完成品の2倍ぐらいの値段がかかりました(更に構造的にライトユニットが入らないので、クハの足回りはサハを使いライトは点かないという…)。
それでもボディをはめかえるだけで欲しい形式が手に入るということで、1000番台は1200番台のボディ流用で乗務員扉直後の窓ガラスがあるとか、TOMIXなどと比べると出来があまいとかいうことがあっても、そこそこ売れていたような気がします。

そんな車両たちが当店で次のオーナー様をお待ちしています。


本日のご案内は以上です。ありがとうございました。
またのご来店、お待ちしております。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ